日経225の投資の対象

日経225では何に投資をするのでしょうか。株の場合の株の投資の対象は株の銘柄がありましたから、わかりやすかったですが、日経225の場合には投資の対象はどれでしょうか。日経225の場合には日経平均株価指数への投資ということになります。実際に取引をする場合には、日経22の採用銘柄を見て、それを実際に購入するという仕組みではなくて、買う権利、売る権利を売買するといった方がわかりやすいでしょう。そして反対売買で、差金決算をするという形です。ですから、日経225の場合には、先物売り建てから、売買をスタートできるので、相場が下がった場合でも利益が出せるというメリットがあります。普通の株取引の場合には1万円で株を購入して12000円で売却すれば、2000円利益が出ます。日経225の場合には、1万円で買い建てて、12000円で売り決済をして、2000円利益を出すということになる方法と、1万円で売り建てをして、そして8千円で買い戻し決済をして、2000円の利益を出すことができるのです。
このように株とは若干仕組みも取引も購入の際のポジションも違っているのですが、株取引をしながら、日経225を楽しんでいる人もいれば、日経225だけで投資をしている人などいて、今は投資のスタイルも色々です。
日経225の証拠金は、対象になる原資産のこれからの値段で、利益や損を決めますから、その損が出た場合でも、決算の履行を確保可能なので、証拠金を証券会社に預けないといけません。証拠金の最低預入価格は証券会社ごとに違います。

厳選1

#サイト名PRリンク